セミネール日程

フロィト,ハイデガー,ラカン & ユダヤ教

2019年04月05日に始まる第三学期は,「フロィト,ハィデガー,ラカン & 一神教」(Freud, Heidegger, Lacan et la religion monothéiste) をテーマとします.

今,ハィデガー研究者の間では,Heidegger の「黒ノート」の出版にともない,彼の思考と彼の反ユダヤ主義との内的な連関に関心が集中しています.それをめぐって多数の議論が為されており,さまざまな論考が出版されています.

精神分析に関しては,Heidegger は,「性本能」にもとづく精神分析を一種の生物学主義として退けており,また,der Jude »Freud«[ユダヤ人「フロィト」]に対する侮蔑と嫌悪を「黒ノート」に記しています.

他方,Musée d'art et d'histoire du judaïsme (MAHJ) では,昨年10月から今年02月まで,Sigmund Freud をテーマにした展示 が行われ,その一貫として昨年11月に行われた Gérard Haddad の講演の録画が最近 YouTube に公開されました.

Freud は無神論者を自認していましたが,彼の最後の著書は Der Mann Moses und die monotheistische Religion[モーゼという男と唯一神の宗教]に関するものでした.ユダヤ教は彼の思考に無関係ではあり得ないことが,察せられます.むしろ,Lacan は,ユダヤ教の「文字」の伝統は精神分析の可能性の条件である,とさえ論じています.

Lacan に分析を受け,Lacan の弟子であった Gérard Haddad は,かねてから,そのようなユダヤ教と精神分析との関連性について,彼の幾つかの著作のなかで主題的に論じており,講演においてもそれについて印象深く語っています.

我々も,神の 存在 と人間の 存在 とのトポロジックな一致を視野に収める否定存在論の観点から,「ユダヤ教の伝統は精神分析の可能性の条件であり,かつ,反ユダヤ主義者 Heidegger の思考によってこそ精神分析は純粋に基礎づけられ得る」という一見逆説的な Lacan の思考をたどりつつ,「フロィト,ハィデガー,ラカン & 一神教」について問うてみましょう.

参加費は無料です.事前の申込や登録は必要ありません.資料等は当日配布します.

We announce that the theme of the third trimester of our Seminar starting on the 5th April will be "Freud, Heidegger, Lacan and monotheistic religion".

The publication in progress of Heidegger's "Black Notebooks" doesn't cease to provoke hot debates among researchers on the subject of internal relationships between his fundamental-ontological questioning and his vehement antisemitism.

We know that Heidegger criticises psychoanalysis as a sort of biologism based on "sexual instinct", and now we can find an unmistakably hateful expression "der Jude »Freud«" in a page of his "Black Notebooks".

On the other hand a Lacanian psychoanalyst Gérard Haddad who is the author of several books on the subject of relationships of psychoanalysis and Judaism reminds us again in his recent conference in the Musée d'art et d'histoire du judaïsme (MAHJ) of Lacan's remark that the "literal" tradition of Midrash forms even the condition of possibility of psychoanalysis.

So how is Lacan able to think that the thought of the anti-Semite Heidegger helps him to refound psychoanalysis and that the Jewish tradition conditions Freud's discovery of the unconscious ? — this question will be the theme of the third trimester of our Seminar on Lacanian psychoanalysis. We will develop it on the basis of our apophatic ontology which forms the pure foundation of psychoanalysis and the topology of which enables us to see the ex-sistent locality of Being as the place of Being of both God and the human being.

There is no charge for admission and no application necessary.

時間は各回とも 19:30 - 21:00. Each time beginning at 19:30 and ending at 21:00.

日付

場所

内容

4月05日
5 April

文京区民センター 2階 C会議室
Bunkyo Kumin Center Room 2C

一神教について問うために必要とされる否定存在論とそのトポロジーについて (I)

4月12日
12 April

文京区民センター 2階 B会議室
Bunkyo Kumin Center Room 2B

一神教について問うために必要とされる否定存在論とそのトポロジーについて (II)

4月19日
19 April

 

休講
No Seminar

4月26日
26 April

 

休講
No Seminar

5月03日
3 May

 

休講
No Seminar

5月10日
10 May

文京区民センター 2階 C会議室 Bunkyo Kumin Center Room 2C

Freud の『モーゼという男と唯一神の宗教』について (I)

5月17日
17 May

文京区民センター 2階 C会議室 Bunkyo Kumin Center Room 2C

Freud の『モーゼという男と唯一神の宗教』について (II)

5月24日
24 May

文京区民センター 2階 C会議室 Bunkyo Kumin Center Room 2C

Heidegger の反ユダヤ主義について (I)

5月31日
31 May

文京区民センター 2階 C会議室 Bunkyo Kumin Center Room 2C

Heidegger の反ユダヤ主義について (II)

6月07日
7 June

 

Lacan と精神分析とキリスト教について (I)

6月14日
14 June

 

Lacan と精神分析とキリスト教について (II)

6月21日
21 June

 

Lacan と精神分析とキリスト教について (III)

6月28日
28 June

 

Lacan と精神分析とキリスト教について (IV)

なお,そのときどきの事情により予定が変更されることもあります.その都度,News and Messages で御確認ください.